2017/05/29

“神一条”と“理屈一条”の違い

≪理屈一条≫とは、「こうしたら、こうなりますよ。あぁしたら、あぁなりますよ。こうですよ。ああですよ」と、分かったようなことを言ったり、人を脅かすような事を言ったり・・・

でも、≪神一条≫とは、開く事です
結んで、開いての、開く。

開くという事は、何も持たないという事です。

理屈の教えを学んだ方というのは、持っています。

「私は信仰しています」
「教えを学んでいます」
「心を勉強しています」

と、本当に手を開いていません。
“ず~~~”と、手を握りっ放しなのです。

本物の『教え』に触れると、手を開くことが出来ます。
いろんなものを《手放す》のです。

≪手放す≫という事は、どうゆう事かというと:
「自分で未来を決めない!信じてゆく!」

『信じる心』になるわけです。

「こうやったら、こうなるぞ~」
「こうなったら、こうなるはずだ~」ではなくて、

「先は見えない。神の子の人生だから、必ず良くなる!」

≪それだけです!≫

いろんなことが、いろんな方の縁を頂いて、人生が、運命が、仕事が、どんどん変わってゆくのです。

これが≪治したもう力≫です。

自分の持っている様々な物を、放してみましょう。
《手放す》という事は、自分の物は何も持っていません。

でも『神様』が、その方に下さろうとする‶最高の財産〟を頂く事が出来ます。

手を握り締めていたら、受け取ることはできないのです。

2017/05/28

《美人》とは“思いやりと優しさ”のある方のこと

「私は美人!」と“スイッチ”を入れてみて下さい。
そして“美人のスイッチ”を入れたら、美人らしく振舞って下さい。

《美人》とは、美しい人。
美しい人というのは、喋り方、動作、人への思いやりが美しいのです。

一番美しい方は、皇后さまの姿です。

何が美しいのでしょうか?
人に対しての《思いやり》が美しいのです。

顔が綺麗だとか、ブランドのお洋服を着ているとか、ではありません。
『心』ー《人に対する思いやり》が美しいのです。

皇后さまの美しさには、人に対しての《思いやり》があります。
その《思いやり》が、‶美しい〟のです。

『教え』とは《思いやり》を学んでいるのです。

それと反対に“醜い人”というのは:
自分勝手、何でも自分自分、自分の事しか考えていない人です。
そうなると、自然に、醜くなります。

人の美しさというのは、顔や形ではありません。
≪思いやりと優しさ≫です。

そういう『心』が出てくると、人間というのはどんどん≪品性≫が高まってきます。

でも、今の社会には、そういう方が減っていますね。
もう自分の事しか考えない人が、どんどんどんどん増えています。

だから世の中は、どんどん貧しくなっています。

≪人に尽くす。天に尽くす≫
これが一番美しいのです。

≪尽くす≫というのが、一番《美しい姿》なのです。

そういう方は必ず『神様』が良くして下さいます。
尽くす心!

それが本当に『天』に叶う≪美しいお姿≫です。


2017/05/27

「私は、神の子である!」とゆう“スイッチ”を押す‶お呪い(おまじない)〟

本当に『心』から《自分の家族、自分の仕事、自分自身、自分の体》を、信じて下さい。

「私は自分を信じます!」と“スイッチ”を入れてみましょう。
“疑いの心、迷いの心”で、すぐ止めてしまわないように・・・

「私は、神の子である!」と、いつも“スイッチ”を押してみて下さい。
本当に『力』が顕れてきます。

これお呪い(おまじない)です。
信じること。

《自分に、何か自信がない時》
《何かしようと思って悩んだ時》
《ちょっと病気になった時》

「私は、神の子である!」と、“スイッチ”を入れるというイメージをして下さい。
これ『凄い力』になります!

「私は神の子です。自分は神の子です。」と自分の“スイッチ”を押してあげると、『力』が顕れてきます。

なんでもないことです。
そこに“スイッチ”があるわけではありません。

自分で『自分の心』に⦅深い思い⦆を送ること。
人は、全て⦅思い⦆によって行動しています。

例えば、朝「今日、東京に行こう」とゆう思いから、自分の⦅心の思いのスイッチ⦆を入れるから、東京に行けるのです。

自分が⦅思わなかったら⦆行かないのです。

全ては⦅自分の思い⦆なのです。
⦅思い⦆が全てを“現象”に現すのです。

毎日の生活の中で:

《出来ないと思っていたら、出来ません》
《病気は治らない、と思うから治らないのです》
《自分は、美人じゃない、と思うから美人じゃないのです》

ちょっと‶美人のスイッチ〟を入れてみましょう。
   どうなるかは、次回・・・


2017/05/26

『祈り』で《スイッチ》を入ると、《治す力》が顕れてきます

⦅信仰⦆は、決して拝み祈祷ではありません。

「ちゃんと自分の家族の事を、信じているでしょうか?」
「自分の仕事を信じていますか?」
「自分の体を信じていますか?」

信じる事が、とても大切なのですが、「はい!」と自信をもって答えられる方、少ないのではないでしょうか?

でも、この≪信じる≫というのは『凄い力』なのです。

⦅信仰⦆というのは≪信じる力≫

≪信じる≫と、どのように人が変わるかというと

信じるの『信』は、‶人偏に言う〟で『信』とゆう字です。

信じると≪言葉が変わってくるのです≫

「信じています。信じています」と言いながら、心の中で「大丈夫かしら???」と思ってる方。
それは、本当には、信じていないのです。

「家の主人は大丈夫!」
「家の妻は大丈夫!」
「家の子供は大丈夫!」
「私は大丈夫。素晴らしい!」

何を聞かれても、「大丈夫!」と、自分で言えるようになってくると『力』が顕れてきます。

本来、人の体の中には、いろいろな‶綺麗な細胞〟があって、その細胞に『祈り』で《スイッチ》が‶ちょん〟と入ると、《治してくれる力》が顕れてきます。

これは本当の事です!

人は、みんな《治す力》を持っています。
何故、《治す力》があるのに治せないのでしょうか?

それはやはり‶疑いが、迷いが〟あるからです。

2017/05/25

人は、「幸せであることが、当たり前なのです!」

人とゆうのは、≪氣にしなくなる≫と、変わります。
氣にし始めると、いろいろな事が顕われてきてしまうのです。

自分の思いが、いろんなものを作ってしまいます。

例えば「こんなに幸せでいいのだろうか? こんなに良い事が続いていいのだろうか? こんなはずはない。何か待っているのでは・・・」と、思うから、何かが起きるのです。

人間とゆうのは、幸せになる事が当たり前なのです。
『神様の子』なのですから。

「私は幸せ」
「これが当たり前よ」
「これが本当の私なのよ」
「幸せでない自分は違う!」
「幸せである事が、本当の自分なのよ!」と、思う事。

人は、いろんなことを、自分の拘りとか、プライドで、なかなか変える事が出来ません。

《プライド》なんて無いのです。
《プライド》どころか、人は、皆、『神の子』なのですから

それ以上の‶力〟があります。
『神の子』になって、《プライド》なんて捨ててしまって、輝くのです。

笑っている方の顔って、輝いていますね
≪輝いてください!≫

‶良い顔〟と‶美人〟は、違います。
良い顔の事を≪徳相(とくそう)≫といいます。

本当の美人とは≪徳相≫の事を言います。
だから、≪徳相のお多福さん≫は、『福』を招くのです。

時代によって美人の評価も変化しますが、実は≪お多福さん≫は、美人で、多くの『福』を呼ぶといわれる、昔からあるお面の一種です。

ふっくらと、穏やかなお顔をしておられます。

皆さんも、お家に沢山『福』がくるように、《お多福さん》のような、‶福与かなお顔〟で、日々過ごしてください。


2017/05/24

過去の失敗を消し去ると、人は若返ります

⦅信仰⦆とは自分の心を‶真っ白なキャンパス〟にする事です。
余計なものを全部消してしまう。

≪信仰というのは‶消しゴム〟です≫

‶過去〟を、忘れ去るのは難しい事です。
人は過去の様々な失敗を、ず~っと覚えています。

それに対して、『神様』は⦅信仰⦆という‶消しゴム〟を下さいました。
素適なお話ですね!

過去のいろいろな失敗を‶消しゴム〟で、消しましょう。
『教え』によって・・・

「あんな失敗をした。こんな失敗をした」
それを全部消してしまうのです。

「こんなこと言われた。あんなこと言われた」
それも全部消すのです。

そうすると、自然に自分の中の『力』が顕れてきます。
『教え』というのは、自分の様々な過去の失敗や過去の思いを、どんどん消してゆくのです。

もっともっと自分が素敵である事を、信じられるように成ります。
そして、未来も信じことができるのです。

いろんな過去を消してゆくと、人は若返ります。
‶シワ〟というのは、消してないから出来るのです。

過去のいろんなことを悩むから、寝不足になったり、悩む心が、どんどんどんどん‶シワ〟に成るのです。

毎朝、アイロンを掛ければいいのです。
朝のアイロンとは何かというと、≪感謝の祈り≫です。

『神様』に「今日も一日有難うございます」と、感謝する事が、心にアイロンを掛けることです。

それが、顔のシワ伸ばしになるのです。

2017/05/23

お引っ越し準備一段落ついたら、6kg痩せていました

家の片付けで、日々をバタバタと送り、ちょっと一段落ついたら、6kg痩せていました。

伸縮自由な方で、1~2kg の体重増減は、普段からあるのですが、6kgはちょっときついですね。

物凄く良いペースで、我が家と離れの片付けが進んで、「我ながら上出来!」なんて調子に乗っていたのですが、一息ついたら、見事に失速。

主治医に「どうしたの?それ以上やせたら無くなってしまうわよ!」と、言われて、点滴をしてもらう羽目に・・・

食べるカロリーよりも、動いて消費するカロリーが多ければ、当然痩せると分かつているのですが、
なにせ、物事やり始めると、止まらない性格でして・・・

毎日、2万歩近く、動き回っていたのですが、『忙中閑あり』状態になったら、足元をすくわれた感じです。

そんな時、ピッタリな『教えの話』に出会いました。

≪人というのは、物を成している時は無我夢中だから、疲れても、又、様々な事が有っても割と気にしないのです。

でも、落ち着いてくると、何か‶虚しく〟なることがあります。
その虚しさを本当に感ずることがあるのです。

これが‶疲れ〟です。
家の事や家族の事で頑張ってくると、疲れたりする事があるのです。

落ち着いてくると、何か虚しくなって、寂しくなったりする。
それも人間です。

それを逆に、人は「私は、病気になったのかしら。おかしくなったのかしら」と思うとではなく、それは人間だからです。

「私って可愛いのね」と思ってあげればいいのです

皆さん、真面目なのです≫

正直、‶可愛い〟かどうかは、よく分からないのですが、‶省エネモード〟に切り替えて、残り少ないこの家での生活を楽しみたいと思っています。


2017/05/22

世界中が騒々しい時は、心の向きを変える

この世には≪悪い日も悪い処≫も一つもありません。
人は、皆『神の世界』に生かされているのですから、いくらでも変えることが出来ます。

⦅信仰⦆というものは《治す力》です。

『教え』に触れないでいると、心のあちこちが歪(いびつ)なってきます。
それを『教え』によって治す事ができます。

何故、自分の心が、思いが、身体が、歪に成るかというと、‶不安〟に成るからです。
いろんな思いに、取り憑かれてしまうからです。

新聞やTVを見ると「自分にもなにか怖いことが起きるのではないかな~~起きそうだな~~起きるんじゃないかな~~起きますよ。地震で家がつぶれるかもしれない・・・」と・・・

不思議な事ですが思い続けているうちに、それが現実に起ってくるように思えたりするのです。
待ち構えていたりするのです。

『この世に、かまい、憑きもの、更になし』という言葉があります。
昔、‶きつね憑き・たぬき憑き〟とゆうような事を、よく言いました。

でもそれは、『自分の心』のいろんな思いが、作ってしまうのです。

⦅信仰⦆というのは、それを取り去る為にあります。

例えば、ある著名な占い師から「お仏壇が悪い。お墓が悪い」と言われた方が、いざ帰ろうとすると、お玄関にお仏壇とお墓の商人の方が待ち構えていたそうです。

そして、とてもお高いカタログの品々をみせて口々に「これを買えば、お家は幸せなりますよ。必ず結構になります」と言ったそうです。

でも、何かを変えたから、何を買ったから、と言って、人は幸せにはなりません。

『心』を変えなければ、何も変わらないのです。
⦅信仰⦆というのは『心』を変えること。

『心の向き』を変えると、人間とゆうのは、とても素晴らしくなります。

よく信仰している方は「信仰はああです。こうです」と言いますけど、信仰は理屈ではありません。

≪信仰とは自分の心を自由にする事です≫


2017/05/20

人間には⦅選ぶという力⦆が与えられています

4月に社会人になられた方も、1ヶ月半過ぎて仕事に大分慣れてこられた時期でしょうか。

例えば、人は、思いがけない大きなお仕事を任されると「どうしょう。大丈夫かしら?大変だ!」と思います。

「自分はそんな器でないのに・・・そんな大きな仕事、出来るだろうか???」と・・・

でも『神様』は、ちゃんとその方を見て、その人が持ってる≪可能性≫を見て任せて下さっているのです。

そういう仕事が‶すーっ〟と来るという事は、その方に≪可能性≫があるのです。
≪能力≫があるのです。

誰でもが、任されるわけではありません。
望んでも、なかなか与えて頂けない事です。

仕事を、一つ一つ乗り越えてゆくうちに、だんだん意味が分かってくるのです。

『神様』は、皆さんの≪能力≫をちゃんとわかっていて下さいます。

人は、皆、《天才》です。
素晴らしい《才能》を持っています。

『教え』を学ぶ前は、家庭に‶天災〟を巻き起こしていた方もいますが・・・

ですから、絶対に「自分は駄目だ」とか「自分は能力がない」などと思ってはいけないのです。

《能力》の無い方など、一人もいません。
「私は年だから・・・もう八十歳だから能力がない・・・」という方も、一人もいません。

「自分には、本当に《可能性》がある」と『心』から信じて下さい。

《可能性》があるから『神様』が、いろいろなお仕事を、与えて下さるのです。

やってみないで、「自分には力がない。自信がない」などと思わないように気を付けましょう。

先ず、やってみて、そしていろいろ考えればよいのです。

やってみたら、出来ないことがあるかもしれません。
そういう時は、本当に‶じっと〟考えて、次の事を自分が選択すればよいのです。

人間には⦅選ぶという力⦆が与えられています。
これが『心』です。

だから、『心』は自由(じゅうよう)なのです。


2017/05/19

病気は⦅心の力=自分の力⦆で、幾らでも治す事ができます

オリンピックの後、パラリンピックがあります。

身体に障害を持った選手達が≪心の力≫によって‶素晴らしい可能性〟を開き、‶素晴らしい力〟を発揮して、見事な技を見せてくれます。

パラリンピックは、人に‶希望と、喜びと、可能性〟を、与えてくれる素晴らしい大会です。

人間は、足りないところを、≪心の力≫によって、いくらでも補うことが出来ます。

これがとても大切です。
返って、いろいろ揃っている方々の方が、どこか足りないものがあるような氣がすることがあります。

先日、お目の悪い若いお嬢さんが、杖を付いてニコニコと、歩いているのを見かけました。

でも、何処も悪くない方が、不貞腐れた顔をして、面白くなさそうに歩いてる、そんな事が多いように思います。

パラリンピックの選手の方、目のご不自由な若いお嬢さんを通して、

≪心の力の素晴らしい可能性≫
≪如何に喜ばなければいけないか≫
≪如何に心から笑わなければいけないか≫

ということを、『神様』が、教えて下さっているのです。

様々な病気の方、大変な病気の方が、良くなられた話を、時々耳にします。

≪心の力≫によって、いくらでも治す事ができます。
それは≪自分の力≫です。

『神様』は、「いくらでも助けてあげます」と手を差し出して下さっています。

『心』が素直になると、その≪力≫を頂く事ができるのです。

でも、「治るはずはない。お医者様が重病と言われるのだから・・・」
それでは、駄目なのです。

自分で⦅未来⦆を作ってしまってる方、とても多いようです。
「どうせ駄目だ」
「どうせ上手くいかない」
「大変なことになる」と・・・

人間には‶可能性〟があります。
⦅未来⦆は分りません。

ご自分の⦅未来⦆‶可能性〟を信じて、前に進んでください。


«人は、どの様に考えるかによって、幾らでも可能性があります

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31